ポケットWiFiキャンペーン比較

33000円欲しくないですか?

携帯回線やE-Mobileは制限が厳しく、すぐに速度が遅くなります。でもWiMAXのポケットWiFiなら月間データ量制限なしなので、高速通信を楽しめます。だからポケットWiFiならWiMAXをおすすめします。

 

さらにWiMAXのポケットWiFiプロバイダを比較してみると、月額料金が安くてキャンペーン内容がとても豪華です。2016年の最新情報を比較表にまとめてみたのでご覧ください。

 

ポケットWiFi比較表

プロバイダ GMOとくとくBB WiMAX BIGLOBE WiMAX UQ WiMAX
月額料金 3609円 3695円 3696円
初期費用 0円 3000円 3000円
端末費用 0円 0円 1円〜
キャンペーン 33000円キャッシュバック 20000円キャッシュバック 商品券3000円
さらに詳しく

 

33000円キャッシュバックキャンペーンは今月末まで!

 

GMOとくとくBB WiMAXが最強!

ポケットWiFiさえあれば、どこからでもインターネットに接続できます。そして携帯電話よりも圧倒的に高速です。節約のために光回線を解約して、ポケットWiFiに乗り換える人が非常に多いのも納得です。

 

同じポケットWiFiなのにここまで料金やキャンペーンが違うなんて知っていましたか?GMOとくとくBB WiMAXはここまで料金が安くて、キャッシュバックが豪華なのに、月間データ量は制限なしで高速回線を使えます。ただし、3日間で3GBという制限があることは覚えておきましょう。それでもワイモバイルよりも3倍も規制が緩い状況です。

 

こうやってじっくり比較をしないで申し込むと損をしちゃいますよね。せっかくなら33000円もの高額キャッシュバックを貰えるGMOとくとくBB WiMAXを選ぶべきです。

 

>> GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら <<

 

WiMAX2+はLTEに申し込まない方がいい

WiMAXのプランはどのプロバイダでも終了しました。端末の在庫が完全になくなったようです。だから今はWiMAX2+です。WiMAX2+はWiMAX自体も使えますし、220Mbpsという超高速回線のWiMAX2+の両方が使えるのです。

 

ただ、問題はLTEです。オプションでLTE回線に申し込むことができます。でもLTEが使えるメリットよりも、デメリットのほうが多いので注意してください。まずLTEオプションに加入するには毎月約1000円の金額が月額料金に上乗せされます。

 

これだけでも充分嫌ですが、さらなる問題が制限です。WiMAX2+は制限なしで使えます。しかしLTEオプションを利用すると、制限ありに変わります。LTEだけが制限ありになるのではありません。元々月間データ量制限なしだったWiMAX2+まで厳しい通信規制がかかるのです。

 

だから私はWiMAX2+はおすすめしますが、LTEオプションの加入はおすすめしません。ただ、安心してください。普通に申しこめばLTEなしで契約できます。今のところ月額料金が最安値、キャッシュバック金額が最大、端末が2種類から選べる・・・という点からGMOとくとくBBがベストチョイスです。

 

>> GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら <<